【Vol.01】仕事ができない人は『本当に仕事できない』とは限らない

あなたは周りから『仕事ができる奴』って思われていますか?
同僚や先輩後輩に『こいつには叶わん』と思えるぐらい仕事ができる人はいますか?

laptop-3196481_1920.jpg

私はどうかというと、過去に5つの会社で勤めた経験がありますが、そのうちの3社ではおそらく『できる奴』と思われていたんじゃないかと推測します。
おいおい、自画自賛か⁉😅
でも、残りの2社では『できない奴』というよりは『やる気がない奴』って思われたいたんじゃないかと思うのです。

『できる奴』と思われていたのは、前の記事でお話した役職者の呼び方にこだわるフリーペーパーの制作会社・その次に勤めた広告代理店・そのまた次に勤めた学校の3社。
一方、『やる気がない奴』と思われていたのは、1番最初に勤務したパワハラが横行する会社と私が出産前に勤めていた印刷会社の頃と推測しております。

両者の違いは何か…と考えてみました。

『やる気がない奴』『できない奴』と思われていたであろう2社に共通するのは【パワハラ】を受けていたかどうか
おそらくそれだけです。

そのことに気がついたのは、子供を育てるようになってから…👶

active-4008701_1920-d6d97.jpg

私の子供は、『平均よりも早くできるようになったこと』『できるようになるまでに相当時間がかかったもの』に差があります。
後者にいたっては、市の保健師指導が入るほど。

例えば、私の息子は寝返りやお座り・1人歩きが平均に比べて2ヶ月以上早かったのです👟
1人歩きにいたっては、9ヶ月になる頃に2~3歩は余裕でしたかね。(平均は1歳前後のようです)
トイレトレーニング(オムツ外し)も、あまり苦労はしていません。

その一方で、しゃべりは3歳になるかならないかでようやく様になってきたかな…という程度。
物覚えもイマイチで、2歳半の頃には猫を指して「ワンワン🐈」って言っておりましたし、母である私に「パパー🙎」と呼ぶこともありました。
実際には、1歳半の検診でそのあたりを調べるので平均よりもかなり遅いというわけです。

当然『個人差』もあるでしょう。
でも、それだけではないと思っております。

私は『親がガミガミ言ったか言わなかったか…』ということも影響しているように思うのです。

andre-hunter-5otlbgWJlLs-unsplash.jpg
Photo by Andre Hunter on Unsplash

体が大きめの息子はおそらく同年代に比べて身体能力が高いので、40代前半の私は走る彼に抜かされます。
(それもどうかと思いますが…💦)
その分、私は「すご~い👏」「いいよいいよ~!👍」など、とにかくべた褒めしておりました。
その結果、息子は運動能力が関わることを難なくこなせるように…

それに比べて言語能力は???なのか…、なかなかちゃんとした言葉を発することができませんでした。
1歳半検診でちょっとしたテストがあることを知っていたため、その焦りからおしゃべりできない息子をガミガミと怒ることが多かったように思います。
猫を指して「ワンワン」と言えば「ニャンニャンでしょうが💢覚えなさい!」と叱り、ポストを指して色を尋ね「青!」と答えると「違う!赤でしょ!赤!前も言ったでしょ💨」ときつめに注意をする…。
そんなことを繰り返してしまったからでしょうか。

berkay-gumustekin-ngqyo2AYYnE-unsplash.jpg
Photo by Berkay Gumustekin on Unsplash

3歳になった息子は、ようやく動物や食べ物の名前が言えるようになりましたが、色・名前・年齢あたりはまだまだ要修行です。
いや…、多分『修行』って言葉を使っちゃダメなんですよね。


★お子様の言語能力にはやはり絵本の読み聞かせが効果的です。

この記事へのコメント